Genome Montage Project

ゲノム・モンタージュ・プロジェクト

ヒトはそれぞれ異なる顔を持っており、その形状には遺伝要因が大きく影響しています。ゲノム・モンタージュ・プロジェクトとは、ヒトの顔形状を決定しているゲノム変異を解明し、さらにゲノム情報から顔形状を予測するソフトウエア開発をめざす基礎医学研究であり、東海大学医学部、琉球大学大学院医学研究科、慶應大学文学部、東北大学加齢医学研究所の共同研究です。

本研究は文部科学省・科学研究費補助金・基盤研究(A)、課題名「顔形状を規定するゲノム変異の網羅的探索によるゲノム・モンタージュ技術の開発」(2016-2018年度、代表者:今西規)による支援を受けて実施されています。

KAKENデータベースの当課題のページはこちらです。


顔形状測定会のお知らせ

2019年1月25日(金)、26日(土)および27日(日)に慶應大学(三田キャンパス)の近くで、双生児(一卵性および二卵性)および同性の兄弟・姉妹を対象とした顔形状測定会を実施します。3Dスキャナ装置を使って顔の形状を測定し、同時にDNA解析のために口腔内の細胞を採取させていただきます(痛くありません)。測定には1時間ほどお時間をいただきます。参加者には各人に謝礼(3000円)と交通費(実費)をさし上げます。

参加希望者はまず事務局宛にメールをお送りください。

測定はこのように行います

開催概要

日時: 2019年1月25日(金) 17:30-19:00、19:00-20:30のいずれか。
    2019年1月26日(土) 10:30-12:00、13:00-14:30、14:30-16:00のいずれか。
    2019年1月27日(日) 10:30-12:00、13:00-14:30、14:30-16:00のいずれか。
場所: 田町駅近隣の会議室を使用予定
    地図はこちらです(Googleマップへのリンク)。
対象: 20歳から40歳の日本人双生児または兄弟・姉妹。必ずペアでご参加ください。
事務局連絡先: 電子メール:bmi-sec@ml.u-tokai.ac.jp
なお、測定日時が決まったら、こちらから資料をお送りしますので、事前にご一読いただくようにお願いします。


情報生物医学研究室ホームページ