Welcome to Biomedical Informatics Laboratory
Header
Genome analysis
Header
Bioinformatics
Header

今年で2回目になりますが、われわれは東海大学医学部の学部学生を対象に、計算機プログラミングのコースを開催しています。今回はpython言語の基本を習得し、さらに機械学習を実施する課題にチャレンジしてもらいました。2名の学生さん(写真中央の2名)はそれぞれSVMを使った分類問題に取り組み、本日最終日には解析結果を発表してもらいました。
楽しくにぎやかな5日間でした。

卒研生として工学部生命化学科から当研究室に参加していた須藤恵美さんが、卒業していきました。
成績優秀により、東海大学の総長賞をいただいたとのことです。
こちらは先日開催された送別会でのスナップ写真です(前列右から3人目)。

クリュコフ研究員がBioinformatics誌に研究論文を発表しましたが、その概要が東海大学のホームページに掲載されました。
これは、ゲノム情報の効率的な圧縮技術に関する成果です。

論文はこちら

 

【医学部ニュース】

https://www.u-tokai.ac.jp/academics/undergraduate/medicine/

https://www.u-tokai.ac.jp/academics/undergraduate/medicine/news/detail/nafbioinformatics.html

Molecular Biology of the Cellの輪読会が終了しました。丸1年かかりましたが、何とか最後まで読み切りました。
根気よく最後まで参加してくれた学生さんたちと記念写真です。黄色い包装紙は箱根土産のお菓子「うり坊」。

このたび公益財団法人日立財団の倉田奨励金を受賞しました。研究課題名は「薬剤耐性菌の迅速な定量プロファイリング技術の開発」(代表:今西規)です。これは、世界的に大きな問題となっている薬剤耐性菌を短時間で定量的に検出しようとする研究です。

倉田奨励金について: http://www.hitachi-zaidan.org/works/environment/kurata/

2019年3月1日(金)に、東京の経団連会館で開催された贈呈式に出席しました。こちらが賞状と、お土産にいただいたモーター最中(日立市・青柳菓子店)です。日立製作所の第一号製品である5馬力誘導電動機(1910年)の形をした、とても美味しい最中でした(ごちそうさま!)。

5馬力誘導電動機について: こちら
モーター最中について: こちら

毎年恒例の医学部1年生を対象とした個別体験学習が始まりました。これは、学生が一週間にわたり各研究室の研究活動に参加して、その中から医学研究の意義を理解することを目的としています。今回も1年生4×2名が研究室に参加し、計算機を使ったヒトゲノム情報解析を行っています。

第1週

第2週

3月15日に研究集会:第2回「感染症診断と治療におけるゲノム解析」を開催します。これは、武田科学振興財団・特定研究助成による研究課題「迅速ゲノム解析と人工知能を用いた感染症診断支援システムの開発」の成果発表会を兼ねています。

会議概要
第2回「感染症診断と治療におけるゲノム解析」
Genome Analysis for Precision Medicine of Infectious Diseases 2019

日時 2019年3月15日(金)13:00-18:00 (終了後に懇親会あり)
場所 東海大学伊勢原キャンパス 松前記念講堂2(最寄り駅は小田急小田原線・伊勢原駅)
ホームページ 準備中

詳細が決まりましたら、再びアナウンスします。

輪読会での記念写真

January 29th, 2019 | Posted by Tadashi Imanishi in Event | News - (0 Comments)

昨年から始めたMolecular Biology of the Cellの輪読会は、毎週1回のペースで続けてきましたが、もう大部分を読破しました。それで、今日は主要な参加メンバーとともに記念写真を撮りました。
しかし、一部の章が残っているので、輪読会はまだ続きます。
上滝さんは留学のため今日で最後とのこと、今までご指導ありがとうございました。

公益財団法人武田科学振興財団による2018年度特定研究助成に、東海大学からの提案が採択されました。研究課題名は、「迅速ゲノム解析と人工知能を用いた感染症診断支援システムの開発」(代表者:今西規)です。人工知能を用いた感染症の迅速かつ正確な診断を実現することをめざしています。

採択課題一覧はこちら

こちらの写真は、本日(2018年11月12日)シェラトン都ホテル東京で開催された研究助成金贈呈式でのスナップ写真です。

当研究室では顔形状とゲノムの関係を明らかにすべく、慶應大学文学部・安藤寿康教授らと共同研究を行っています。特に、多くの双生児(一卵性・二卵性)の方々にご協力いただき、顔の形状を3Dスキャナで撮影して、そこから遺伝率の推定と遺伝要因の解明を行っています。
12月8日(土)および9日(日)に、慶應大学三田キャンパスで測定会を開催します。
ご協力いただける双生児の方々、ぜひご連絡をください。謝礼および交通費を支給させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

連絡先:bmi-sec@ml.u-tokai.ac.jp

詳細はこちらをご覧ください。